中部(山梨・静岡・長野)の高校受験の特徴

山梨・静岡・長野の高校受験対策サイト

中部(山梨・静岡・長野)の高校受験の特徴

高校受験は都道府県によって入試傾向が違うので、受験する都道府県に対応した対策が必要です。
また、入試傾向は少しずつ変化するので、過去3年間の入試傾向をチェックしておく必要があるでしょう。
そこで、地域に強い塾や家庭教師などを利用し、山梨・静岡・長野の高校受験における特徴や入試傾向などについて知っておくと、受験対策に役立つかも知れません。

山梨の高校受験の特徴としては、少子化傾向が深刻なため「小学区・総合選抜制」を廃止して、「全県一学区制」を平成19年度入試から導入したことです。
これにより、受験生は県内全ての高校を受験することが可能になって、受験生の特性や進路希望に対応した学校選択が可能になりました。
しかしその反面、「受験競争が過熱」「人気校・不人気校の倍率の格差が激しくなる」などの問題点も考えられます。
さらに、全県一学区制では進路選択の幅が非常に広がってしまうために、適した学校を選択することが難しくなってしまいます。
ですから、様々な情報をフルに活用して、進路を決める必要があるでしょう。

静岡の高校受験の特徴としては、内申重視でも学力重視でもなくて「総合力重視」と言う点です。
つまり受験対策としては、内申も学力もまんべんなくできる人が合格できる仕組みになっていると言うことを理解しておく必要があります。
また、第2選抜・第3選抜でも面接や調査書が絡んでくるので、同様のことが言えることも理解しておきましょう。
私の場合は、静岡や山梨、長野に強い家庭教師派遣会社のアズネットさんや中部に多数の後者がある秀栄予備校などに相談していました。

長野の高校受験の特徴としては、思考力・判断力・表現力を入試問題に反映させている点で、明らかに入試傾向が変わってきています。
今後は、さらに反映されてくると考えられるので、その点を理解して対策をする必要があるでしょう。

新着情報